mineoの料金・速度・72時間制限・解約について

ケイ・オプティコムの格安スマホの料金プラン

mineoの料金と速度の体系をみてみましょう。現時点の毎月のスマホ料金と照らし合わせつつ、通信料金のコストカットがどれだけ可能か、確認してみてください。どれぐらい節約できるのか、料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

mineoの月額プラン・初期費用

mineoの料金プランに関しては、SIMカードの種類ってデータ通信しかできないものと音声通話もできる二つの種類があるんです。070/080/090番号を利用したい方は、音声通話が可能なSIMを選択する必要があるため、今までと同じような携帯電話として使う為には、データ専用のSIMではなく、音声通話ができるSIMを選ばなければなりません。音声SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ通信専用SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

解約違約金

mineoの解約制限と違約金について、説明していきます。解約する際の契約解除料に縛りがないmineoは、解約時に手数料がかからないという点があります。利用者にとって不要な出費となる違約金を気にせず格安SIMにトライできるので、他社にはないMVNOの魅力のひとつです。ですが契約後1年以内のMNP転出に関しては、12420円の手数料が掛かります。通話SIMで契約した場合は、これらが適用されてしまうので注意しておいてください。

通信速度

mineoのスピードについてお伝えします。ドコモプランは最大225MbpsのLTE回線でauプラン(Aプラン)も同じく225MpsのLTE回線を使用しています。いろいろなブログなどでも書かれていることですが、混雑する時間帯においては、キャリア契約の回線より通信速度が良いものはなかなかないでしょう。回線が混雑する時間帯でも、通信スピードを求めるならば、キャリア契約が無難と言えます。月々の携帯料金が安いので、混雑時に通信回線の速度が遅くなったとしても、格安スマホはかなりいいサービスだと思います。

mineo AU回線プランの帯域制御

MVNO・キャリアともにそうですが、多くの利用者が同様に快適な通信を利用できるように、多くのデータを通信利用した者に、速度制限の処置を取っています。直近72時間のうちにどれだけデータ通信を利用したかによって、 ある規定の容量をオーバーしてしまった利用者には、今までより遅い低速通信がはじまります。3日間で規定容量を超えなければ、速度制限が自動的に解除となります。通常使用の範囲を超えない限りは、速度制限にかかる心配は必要ありません。料金プランによる規定容量は設定されておらず、Aプランは、各プランともに、直近72時間で1GBが規定値となっています。

mineo docomo回線プランにおける帯域制限

docomoの回線を利用した、mineoの回線プランでは、直近72時間のデータ通信量による速度の制限は設けられていません。データ使用量が日によって大きく違う方は、AUのプランよりもドコモのプランにしておいた方が、Dプランをオススメいたします。ドコモプランとauプランでは通信制限の違いがあるので、適したほうを選んでください。

mineoのユニークポイント

mineoは格安simを提供する会社で、docomo回線とAU回線を利用したサービスを提供しています。大手携帯電話会社からの乗り換えた場合は月額料金がかなり安くなります。mineoは、月に1,310円という安い価格設定で注目を集めています。しかもこのmineoは国内大手キャリア2社と提携している国内初のマルチキャリアMVNOで、docomoとAUの回線プランを選択できるので人気です。通話エリアや音質はdocomoやAUと一緒ですので、どこのエリアでも安心して使えます。さて、mineoの速度や料金プラン等を比較しながら、レビューしていきます!楽しく読んで下さいね♪

docomoとAU回線の格安スマホ

mineoはdocomoまたはauの回線を利用して格安スマホスマホを利用できるすることができます。サービスの品質は、docomoとAUのサービスと同等で、対応しているエリアも同様です。同じ回線を使っているので、現在使っているスマホがdocomoかauならばそのまま使えるため、スマホを新たに購入しなくても大丈夫です。スマホを乗り換えするときに、新規の端末費用を用意する必要が無いのは、ユーザーにはありがたいですね。当たり前ですが、mineoが用意しているSIMフリースマホも使うことが出来ます。全国に張り巡らされたキャリア回線を安く利用できますし、自分でdocomo、auの回線の好きな方を選択する事が出来ます。月額料金は多少変わってきますが、その点も含めて検討してみるといいでしょう。

VoLTEプランも用意

mineoのVoLTEに対応した点が話題になっています。VoLTEとは、従来の音声通話より音がこもらずクリアな高音質の通話のことで、従来の音声通話に比べて、かなり音質が改善されています。今までは、300Hz~3.4kHzまでの周波数の音しか拾えませんでした。このVoLTEは、なんと50Hz~7kHzまでの音が拾えるのです。つまり、この広帯域のカバーにより「聞き取りやすい」高品質な通話環境を実現しているのです。VoLTE対応を採用したmineoは、利用者にとってさらに魅力的なものとなりました。

データ量繰越しに対応している

ケイ・オプティコムのmineoは当月に利用しなかった分を翌月へ繰り越すことができるため、月々で使用するデータ量が変動する方でも、気にせず使えるので、とてもいいですね。

mineoスイッチアプリを駆使して、データ量節約

mineoスイッチというものもありますので、高速に通信する必要が無いときは、低速な通信に切り替えることが可能となっています。接続状況によっては、つい無駄にしがちなデータ容量をスマートにコントロールできますので、非常に便利な機能と言えますね。mineoqスイッチとWi-Fi(公衆無線LAN)を上手く利用することで、より低価格なプランにする事も出来ると思います。何かと高くなるスマホ料金を安く済ませるのに役立つことでしょう。

期限近し!期間限定キャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)