楽天モバイルの料金・速度・72時間制限・解約について

楽天モバイルの月額プラン

楽天モバイルの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。月々の携帯代と見比べながら、携帯料金がどれぐらい節約出来るか楽しみながら、読んで頂ければと思います。それでは、早速、月額プランの詳細を見てみましょう。

月額プラン・初期費用

楽天モバイルの料金は、SIMはデータ通信用と音声通話用の2種に分かれています。
070/080/090の番号が使えるのが、音声通話ができるSIMなので、スマホとしてこれまでと同じように利用を継続したいのであれば、このまま音声通話SIMを選択してご利用ください。音声SIMの料金は、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円です。

データ専用SIMの料金は、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円です。

ベーシックプランは、低速通信使い放題が使用できるプランで、それ以外のプランを選ぶとdocomoのLTEという高速回線が利用できるようになります。楽天モバイルにかかる初期費用は端末代+3,240円です。

解約縛り

解約縛りと解約違約金、これは事前に把握しておきましょう。データSIMにおいては、ここまで利用しなければならないという期間に決まりはありません。極端な話、初月で解約しても違約金は掛かりません。かたや通話SIMは、12ヶ月間が最低利用期間となっています。最低利用期間内である12ヶ月以内に解約してしまうと、解約手数料9.800円がかかってしまいます。大手携帯会社では、縛り期間が自動更新されますので、1年間我慢して、1年1ヶ月経てばいつ解約しても手数料が無駄にかからないというのはいいですよね。

楽天モバイルの回線速度

楽天モバイルのネットワークは、ドコモの回線を使っていて、規格としては4Gです。通信速度については、ドコモと同じ回線なので、通信速度についての不安はなさそうですね。dokomoと同じ回線を格安で使用できることは、楽天モバイルの素晴らしいところです。今後のMVNOや格安スマホの伸びが益々期待できそうです。

楽天モバイルの帯域制限

楽天モバイルでは、通信量の多いユーザーが回線を独占することのないよう、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っているのです。使用した直近の3日の間においての利用通信量で計算されて、定められた量以上のデータを通信したユーザは、通信速度の制限をしています。この3日制限は、直近72時間の使用量が下回れば、自動的に制限解除となります。通常の使用量であればまず引っかかることはない制限にはなります。契約プランごとの規定容量 3.1GBプラン=540MB/3日 5GBプラン=1GB/3日 10GBプラン=1.7GB/3日

楽天モバイルって?

楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りて格安SIM,格安スマホを提供するMVNOの一つです。大手携帯会社のdocomo,AU,softbankなどからの乗り換えなら、月々のスマホ代がお得になるサービスです。月々の利用料金は1250円という安さで、今、話題のサービスです。安くできるのは、楽天モバイルが既存のNTTドコモの回線を使用しているからということもありますが、通話品質、サービスエリアもNTTドコモの利用時と全く変わりません。また、楽天モバイル契約期間中は、楽天市場のポイントが2倍になるという特典も見逃せません。それでは、楽天モバイルの料金や解約について、まとめましたので、お楽しみ頂ければと思います。

docomoのネットッワークを利用した格安SIMサービス

ドコモの回線を利用している楽天モバイル。したがって、ドコモと同じ高品質な通信サービスが提供され、対応エリアが広く、つながりやすさはピカイチです。端末はドコモのスマホならばたいていの機種がそのまま楽天モバイルの端末としてご利用できます。もちろん、新しくスマホを買う人や、新機種が欲しい人もいると思うので、SIM単体だけではなくスマホとSIMをセットで購入することも出来ます。もし、現在docomoのスマートフォンをお持ちでしたら、楽天モバイルのSIMカードを契約するだけで楽天モバイルを利用できますので、新たに楽天モバイルでスマホを購入する必要もないので、ドコモのスマホを持っているならば嬉しいサービスです。格安で安心して回線を利用したいのならば、NTTドコモの回線を利用した楽天モバイルは検討する価値があるサービスです。

セットの格安スマホが豊富すぎる

楽天モバイルの対応端末をお持ちでない場合、スマートフォンを新規で購入しなければなりません。そんな人のために楽天モバイルではスマホ本体もセット販売していますが、他のMVNOに比べて非常に豊富な機種を取り揃えているのが特長です。タブレットも種類豊富に扱っているため、大きな画面で使用したいと言う人でも選択肢が多くあります。ただ楽天モバイルにも一つ欠点があり、分割払いの割賦契約は楽天カードでのみ利用可能という所。もし楽天カードを持っていなかった場合、本体の代金は購入時の一括払いとなります。本体をセットで買うならば事前に楽天カードを作っておくのがお勧めです。しかし機種の選択肢が豊富であることは、楽天モバイルの大きな魅力です。

容量の繰越

スマホのデータ通信量は契約プランによって違ってきますが、あまり使用せず、決められた容量に達しない月もあると思います。しかし、こういった場合でも楽天モバイルであれば、使い切れなかった残りのデータ容量を、次の月へと持ち越すことが可能なのです。
MVNOの中には、残ったデータ容量を翌月に繰り越せないものもあるので、繰り越しをさせてくれる楽天モバイルのこのサービスは魅力的です。余ったデータ通信量を無駄なく利用できる格安スマホを利用したいものですね。

通話料金がオトクな、楽天電話

楽天モバイルの「楽天でんわ」は通話料が半額になるお得なサービスです。IP電話とは異なり、プレフィックス型の通話サービスと言われており、発信者の番号が相手へと通知されます。当然、いつも使っている携帯電話番号が空いてに通知されます。ですので、相手からしてみるといつも通りの着信と何も変わらないので安心して電話に出てくれます。大抵のIP電話では、非通知表示であったり、050から始まる番号が表示されたりしますので、IP電話が使いづらいと思っている人も少なくありません。その点、楽天でんわは非常に使い勝手が良いとお分かりいただけたとおもいます。楽天でんわ利用時の通話料に対しても、楽天ポイントに加算されますので、さらにお得ですね。実は、通話し放題サービスもあるんです。

5分かけ放題開始

AU・ドコモ・Softbankの大手3事業者には、通話かけ放題プランがありますが、
多くのMVNOは通話がかけ放題になるプランを提供していません。大手携帯キャリアと比較して月額料金が安いことがMVNOのメリットですが、その一方で通話料金が割高なのではといった心配の声に応えるように、新たなサービスが開始されました。楽天モバイルが発表した新しいサービスで,1回の通話につき5分以内であれば,850円/月の使用料で何度も無料で通話できるというオプションサービスです。5分以内なら通話し放題のオプションは、大手携帯電話会社と同じ通常の電話回線を利用するため、楽天でんわと同じく、電話をかけた側の電話番号通知に対応しており、普段の電話と何らかわりなく電話し放題になるのが一番の強みです。他にもNifMoで話し放題のプランがありますが、これだと発信者番号の通知ができないケースも多々あるようです。楽天でんわでは、1分約21円の通話料が掛かるので、1回の通話時間が短い通話(5分以内)を毎月複数回(約10回以上)する方には、楽天モバイルの「5分かけ放題オプション」はとても魅力的ですよね。

初月は無料なのも嬉しい

楽天モバイルでSIMの新規契約をした場合、始めの1ヶ月分の月額料金が「無料!」になります。SIMカードが届くでしょ。その日が入ってる月の料金がただになるんです。もし1日にSIMカードが届いたのなら、1ヶ月丸々無料になるということです。ただ、前の通信会社との契約の都合で、解約手数料などが必要になったりする場合もあるので、月初めに届くことを逆算し、契約される事が、必ずしもお得になるとは限りません。

開催中のキャンペーンまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)