BIGLOBE SIMの口コミ・評判のまとめ

回線速度

BIGLOBE SIMの通信サービスは、ドコモの高速通信回線(375Mbps)を利用してるのです。速度に関しては、docomoと同じ回線ということで、安心のスピードですね。より安い使用料でドコモ回線を利用できる点は、BIGLOBE SIMのとても良いメリットになりますね。これからも、MVNOや格安スマホのサービスがますます広がりそうですね。

BIGLOBE SIMの速度制限

キャリアもMVNOもそうですが、ユーザーが平等にデータ通信を行えるように、多くデータを使用した人の通信速度がコントロールされました。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、規定の通信量を超えた利用者には、決められた速度制限が課せられていましたが、この72時間制限廃止が話題になったのが記憶にある方も多いかと思います。BIGLOBEの格安スマホに関しては、直近72時間のデータ使用量を憂慮する必要は、もうありません。気軽に使えるのも嬉しい点ですね。

BIGLOBE SIMとは?

BIGLOBE LTEはNTTドコモから回線を借りて格安SIM,格安スマホを提供するMVNOの一つです。格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。毎月の利用料金が900円と格安なスマホは高い注目を集めています。docomo回線を利用しているBIGLOBE LTEは、電波の強さ、通話エリアなどの質の良さもdocomoと一緒ですので安心してご利用できます。BIGLOBE SIMの独自サービス「エンタメフリー」というオプションサービスというのがあり結構魅力的です。このサービスではYouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotify、AWA、radiko.jp、Amazon Musicの7つが通信料を気にせずに楽しめます!という背景から、BIGLOBE SIMのスピードや口コミをレビューしながら、ご紹介していきます。お楽しみにどうぞー。

docomoエリア対応の格安スマホサービス

BIGLOBE LTEのサービスは、ドコモの回線を利用したものです。ですので、通話の品質はdocomoと同じで、通信エリアもNTT docomoと同じであるため国内の広範囲で利用することができます。ドコモの多くのスマートフォンは、そのままBIGLOBE LTEの端末としてご利用いただけます。もちろん新しい機種にしたいとか、BIGLOBE LTE用になっていない機種だったとしても端末ごとBIGLOBE LTEから買うこともできます。すでに使い慣れたNTT docomoのスマホを手放したくない方は、SIMカードだけの申し込みで利用できますし、スマホ本体を新規に買う必要が省けますね。BIGLOBE LTEは信頼できるdocomo回線を安くお得に使える格安スマホサービスです。

セットの格安スマホがかなり多い!

ご利用になっているスマートフォンが、BIGLOBE LTEに対応していない本体の場合は、スマホ本体の購入も必要になります。BIGLOBE LTEとセットで購入できる本体は、他社と比べて種類が豊富で、これが人気の秘訣でもあります。タブレットも多く取り扱っているため、スマホでは小さい、、、!という人にもオススメです。

データ通信量の翌月繰越にも対応

契約したプラン次第でデータ容量が異なりますが、容量ギリギリまで使う月もあれば、少量しか使わない月もあると思います。BIGLOBE LTEの場合は、余った分を捨てることなく翌月に繰り越すことができます。MVNOによっては翌月繰り越しに内応していない場合も多く、翌月繰越しが対応可能なBIGLOBE LTEは大変魅力的だといえます。格安のスマホに、データ容量の持ち越しと、どこまでもユーザー目線に立ったサービスを追求しているのがBIGLOBE LTEなのですね。

通話料金が半額なのに、番号通知できるBIGLOBEでんわ

BIGLOBE LTEでのサービス「BIGLOBEでんわ」は通話料が通常と比べて半額になるサービスです。よくあるIP電話とは異なり、「 プレフィックス型通話」と呼ばれるサービスで、発信者番号が相手にきちんと通知されます。通話相手に通知されるのは「0037-68-」を取り除いた普段使っている電話番号です。ですので、電話に関して何の違和感もありません。IP電話ですと非通知設定での発信しかできなかったり、050から始まる番号が受け手側に通知されたり、使い勝手が良いとは言えませんが、逆にBIGLOBEでんわはそういった不便さはありません。通話しホーダイのサービスも開始となりました。

3分かけ放題

携帯会社の大手3社(docomo、au、Softbank)では、通話無料のかけ放題プランがありますが、多くのMVNOはこの通話し放題というプランは適応されません。格安スマホに心が動いているが、結局自分みたいに通話回数が多ければ料金が高くなってしまうのでは、と心配される方もいらっしゃるでしょう。早速、改善に踏み切ったのがBIGLOBE SIMです。毎月650円で使える、3分以内の通話なら国内のどこでも無料というサービスがBIGLOBE LTEで始まりました。3分間の通話し放題のサービスは電話回線を使用しているので、BIGLOBEでんわと同じく、発信者番号通知にも当然ながら対応していますから、今までの電話と変わりなく使えて、通話し放題になるという大きな魅力があります。BIGLOBEでんわの利用は1分間で21.6円の通話料がかかるので、3分以内の通話が月に合計で33分以上はある(3分間きっちり通話すると11回以上)方にはお得なになるのは間違いないでしょう。

最大60分の無料通話付き!通話パック60

もともと650円あれば3分の間、好きなように通信することが出来ますが、これ以外に、若干異なる内容の「通話パック60」も備わっています。そして月々650円で無料通話1,200円がもれなくついてくるお得なオプション。毎回通話をするときに3分以内で終わってしまうという方には、3分かけ放題メニューをオススメしますが、長電話することもある!という方には、通話パック60の方がとても使い勝手が良いです。また上手に通話オプションを利用するとかなりお得になります。

初月は無料は嬉しい

BIGLOBE LTEはSIMの契約をすると、最初の一月の料金が0円になります。最初の一月というのは、SIMカードが届いた日の月のことです。SIMが月初めに届けば、30日間無料ということなのです。現在利用しているキャリアの縛り期間や解約手数料の支払い義務もからんできますので 、月初めまで待って契約するのが得か?というと、そうではないこともあります。ご利用は計画的に。

BIGLOBE SIMの月額プラン

この解説はBIGLOBE LTEの料金プランやその他費用についてです。月々のスマホ使用料金と比較して、どれくらい携帯料金が節約できるのか違いを見てみてください。さて、それではBIGLOBE LTEの料金プランについての説明に入っていきます。

料金

BIGLOBE LTEの月額プランは、モバイル機器に使うSIMにはデータ通信用と音声通話機能付のものがあり、それぞれの料金は異なります。070/080/090から始まる電話番号が使用できるのは、音声通話SIMだけなので、docomoやau、SoftBankを使用していた時と同一の番号を利用したい時は、音声通話SIMを契約しなければ電話として利用できなくなるので、注意して契約する必要があります。音声通話SIMの料金プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円となっています。

データSIMの料金プランは、3GBプラン:900円、6GBプラン:1,450円、12GBプラン:2,700円、20GBプラン:4,500円、30GBプラン:6,750円です。

200Kbpsと低速ではあるものの、無制限に使えるベーシックプランがありますが、 ベーシックプラン以外は、LTEという高速回線である262.5mbpsまでつかえるプランとなります。BIGLOBE LTEでは、初期費用は一律3,240円だけです。ただし端末を購入する場合は、その費用も必要になります。

解約縛り

BIGLOBE LTEの解約制限と解約違約金、これは事前に把握しておきましょう。データSIMには最低利用期間がありません。解約手数料は無料なので、安心です。音声通話SIMは、最低でも12か月はご利用していただかなければなりません。1年以内に解約をした場合は、バカにならない額の手数料を払い込む必要が生じます。その金額は8,000円です。大手キャリアと違って、契約期間が自動更新されず、13ヶ月以上利用すれば、解約時に違約金が掛からないのも大きな利点と言えます。

BIGLOBE SIMのキャンペーン詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)